<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

インターコンチネンタル ホテルのロビー付近です。

a0126729_2120443.jpg
クリスマスディスプレイがまだ残っていました。イスラム圏でなんか不思議な光景ですね。ホテルだけでなくモールも飾ってたしね・・・。調べたらキリスト教徒は人口の10%はいるらしいです。意外と多いような・・・。
a0126729_21295554.jpg

a0126729_21255794.jpg

a0126729_21272795.jpg
夜中に着いたせいか、なんかしょぼいホテルに見えましたが、なかなか立派なホテルでございました。インターコンチにはもう二度と泊まらないけどね(笑)。
a0126729_21332384.jpg
レセプション。
銀行も入っているので、両替に便利でした。

エジプトのエレベーターも初めての経験。
a0126729_21482071.jpg
エレベーター横には普通△と▽のボタンですが、こんなボタンが。それもエレベーター内には何もなく、外にのみ。たとえば15階に行きたければ、1と5を押します。ホテルにはエレベーターが3基あって、それぞれA,B,Cと書かれてあり、ボタンの上のディスプレイに「C」と出たら、Cのエレベーターが来るということ。
a0126729_21454470.jpg
自分の押した階がここに出るので、確認もできます。
ホテルだけかと思ったら、モールもそうだったので、エジプトではみんなこうなのかな?
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-30 21:54 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
クラブラウンジの朝食は1日目の朝だけにして、2日目からは1階のレストランで。

a0126729_2303421.jpg
クラブラウンジと違って、種類は断然豊富。
a0126729_2325360.jpg

a0126729_2361057.jpg
これみんな種類の違うカレーです。
a0126729_2381113.jpg
アイスティもレモン、ストレート、ミントと種類豊富だけど、おいしくない・・・。
a0126729_2393289.jpg
フムスなどももちろん種類豊富。

a0126729_23111144.jpg
お粥やビーフンみたいなのも。
a0126729_23123557.jpg
巻き寿司やお味噌汁もありました。
a0126729_23141330.jpg
このジュースが100%フレッシュで最高においしかったです。ストロベリー、マンゴ-、グアバ、オレンジの4種。私はストロベリーがお気に入り。夫はマンゴー。
昨日ラウンジで取ったことが悔やまれます・・・。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-28 20:58 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
クラブラウンジはバイキング形式の朝食、アフタヌーンティ、夜はアルコールとおつまみ程度が用意されています。
写真を撮ったはずなんですけど、見つからないので申し訳ないです。
ラウンジの朝食は簡素だろうと思って、1日$10(2人で)だったので、レストランでの朝食つきプランを予約していました。
朝食がとれるレストランの場所をクラブラウンジで尋ねると、ここと内容は一緒ということだったので、疑いながらもこの日はラウンジで取りました。
正直狭苦しい上に、係の方が必要以上に多いので、うっとうしかったし、絶対こっちの方が種類は少ないはずと思い、次の日はレストランへ行きました。
案の定、レストランの方が断然種類が多かったです。レポは後日にでも。

搭乗券を印刷したくて、ラウンジのパソコンを使いましたが、なぜか制御がかかってしまい(ドクロマークが出るんですよ。こんなの初めてでびっくりしたし)、うまくいかないし、プリンターも壊れているしでサイテーです。
仕方がないので、ビジネスセンターへ。事務所ってかんじのところで、パソコンはどこ?って思ったら、係の人が座っていたPCを空けてくれました。お客用のを使っていたわけではなく、従業員用のPCだと思いますが・・・。こちらはサクッと終わりました。

午後のアフタヌーンティも1口サイズのとても小さいケーキが3,4種類あるだけ。
クラブルーム、何の役にもたちゃしない。高いお金払ってバカみたい・・・。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-26 09:36 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
インターコンチネンタルの部屋はクラブルームをお願いしていました。
クラブラウンジを利用したかったわけではないんですけど、去年ドバイで泊まったラッフルズホテルのクラブラウンジがいろいろ使い勝手がよかったので、インターコンチでも便利でいいかな~っと。
あとイスラム圏ではなかなかお酒が飲めないんだけど、ラウンジでなら飲めるらしいと聞いたもんで(笑)。

部屋の広さは標準的かと。
a0126729_21355125.jpg
左のスリガラスはバスルーム。
a0126729_214631.jpg
シャワーブース。

a0126729_21473722.jpg
洗面ボウルは1つしかなかった・・・。
 
a0126729_21494726.jpg
バスアメニティはエレミス。香りはすごく好みでした。

a0126729_2151301.jpg

a0126729_21524343.jpg

結局ラウンジは殆ど利用しなかったので、ちょっと損した気分だったんですが・・・。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-23 21:57 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
ホテルは空港からすぐ。しかしホテル前の道路脇で車を止め、犬が車の周りを回って、トランクを開けさせられ、中の人間をチェックしてから、ようやくパイロンをどけて入れてくれました。超高級ホテルならまだしも、こういうのはちょっとないよね~。そしてホテルに入る時も、金属探知器を通り、荷物もスキャンされました。すごいね~。
ガイドの方は「チェックインもお手伝いしますか?」っと。完璧にやりとりしたはずだけど、予約がキャンセルされた非常事態を考えてお願いしましたが、予約は問題なし。
a0126729_22134534.jpg

ガイドや運転手の方へのお礼なんですが、予約した会社から事前にチップの目安という表をもらっていました。
送迎で運転手、ガイドともに$10、半日観光で運転手$15、ガイド$20と。US$っていうのもどうよ?って気がするけど、アメリカの感覚で考えたら、とにかく高すぎませんか?郷に入っては郷に従えってことですか?
混載ツアーならもう少し安いんだろうけど、プライベートだからなのかな~?それでもこの人たちの月収からすると、破格ですよね。
イスラム教の教えに「バクシーシ」という言葉があって、「余裕ある者が貧しい者に金品を与えること」らしいんです。海外旅行すること自体、裕福ってことなのかな?まぁそれとチップは別物だけどさ。
とりあえずこの日の送迎ガイドの方は、午前3時だし、日程変更もしてもらったし、チェックインも付いてきてもらったので、$15渡したんですけどね。
チップに関しては、サービスの度合いによって、自分で決めればいいんだけど、チップのない日本人は悩みどころですよね。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-21 22:22 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
調べたところによると、カイロのタクシーはメーター制ではないらしく、値段交渉しなければならないとか。私、この値段交渉が大の苦手。乗る前に交渉した値段と、降りるときの値段が違って、何度もイヤな思いをさせられましたから。それもあってオプショナルツアーだけでなく、カイロ到着はAM3:00だし、空港からホテルまで15分くらいの距離なんですけど、送迎も頼みました。私の勉強不足で、実際は半分以上メータータクシーがあったんですけどね・・・。
オプショナルツアーはH○Sなどの有名な会社はどこも殆ど同じ値段だったんだけど、かなりお安い会社を見つけました。安い上に、運転手、ガイド付きのプライベートツアー。聞いたことのない会社だけに不安だったけど、値段につられて予約しました。申し込もうと思ったときにはすでに申込期限を過ぎていたんですけど、受けてもらうことが出来ました。でもやりとりの返事がすごく遅いんですよね~。最終の返事をもらったのは、出発前日の夜。バタバタしていたせいもあってか、大事なミスを犯していることに気づかなかったんですよ。仁川のラウンジでそれに気づき、慌ててメールしましたが、お正月休みに入っているのか、全く返事がこないまま。
まず空港に迎えに来てもらう日は間違いなかったんだけど、ピラミッドに行く日、空港に送ってもらう日が間違っていたんです。もちろん向こうのミス。
メールの返事もないので、空港に迎えに来てくれた方に、直談判しようかと。
結局お正月が明けてもなんのお詫びメールもありませんでした。それぐらいあってもいいんじゃない?

ボーディング・ブリッジを抜けると、すでにガイドの方が立っていました。国際線ですよ!入国審査もあるっていうのに。この国のアバウトさがわかりますよね・・・。
まずエジプトはビザが必要。イミグレに向かう途中に窓口があり、パスポートも必要なくただお金を支払うのみ。ビザと言うよりは、US$15を払うという単なる外貨稼ぎとしか思えません。
寝ていたせいか、入国カードをもらうのをすっかり忘れていたんですけど、ガイドの方が全部記入してくれました。そして日程違いの訂正をお願いすると、誰に電話するわけでもなく、簡単に変更OKでした。どんな会社や?
ホテルは空港から15分くらいのインターコンチネンタル シティスターズカイロ。
ホテル到着が午前4時or 5時になるけど、カード番号を事前に知らせているので、部屋は確保されているはずだけど、念のために確認しようとインターコンチにTELしたところ(日本のフリーダイヤル)、「こちらから連絡は出来ない。ホテルに直接言ってくれ」とのこと。旅行代理店でもあるまいし、なんだそれ?ってかんじです。
仕方ないので、カイロのメアドを探し出し、直接メール。そうすると予約を確約するためにカード番号を教えろと。すでに予約の際、カード番号を教えているのに。メールで伝えるのは不安だったけど、英語ゆえ言いたいこともなかなか書けないのよね・・・。っで予約の際、JCBがいけたので、JCBを伝えたところ、こんなのダメと返事が。仕方ないので、違うカードの番号を書いてメール。すごく不安なやりとりの後、やっとOKでした。こっちはここまでしたのに、まさかアブダビで予約がないと言われるとはね・・・。
そしてインターコンチには、公式HPで予約した後、ここよりも安いところを見つけて報告すると、差額を返してくれる上に、1泊無料になるというシステムがあります。すでに安いところを見つけていたので、とりあえず公式HPで予約して、報告の手続きをしました。
規約には同じ通貨でなければならないとありました。公式HPはUS$だったので、当然US$ですよね。なのに返事には、「~and paid for in the currency of the hotel.」と赤字で書いてあり、「このホテルでの通貨はユーロ」と書かれてありました。なんでエジプトがユーロやねん!なんだかんだいちゃもんつけて、返金しないようになっているんじゃないの?私が見つけた代理店より高い上に、円安になってきたせいで、4万円も損しました。時間があれば、キャンセルしたんですけど、すでにカイロに直接カード番号を知らせた後だったし、もう面倒だったからね・・・。
最初、タハリール広場すぐのホテルを予約していたんですけど、デモのせいでホテルから出られないなんてことがあったらと思って、そこをキャンセルしてインターコンチにしたんですよね。二度とインターコンチなんて予約しねぇぞ~。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-19 10:11 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
フェラーリワールドの後は大急ぎでホテルに帰って荷造りです。3時間後にはホテルを出て、アブダビとは早々にお別れして、カイロへ向かいます。
空港へ向かうタクシーで運転手さんにアブダビの観光名所を聞いたら、「フェラーリワールドぐらいしかない。他に何もない」と。実際どこに行くか計画を立てたとき、これっていうところが少ないな~って思ったんですよね。地元の人でさえそうなのね・・・。ドバイと違ってメトロもないので、交通費がかかるしね。おかげでタクシー嫌いの私がどれだけ乗ったことか。

カイロへは同じくエティハドで。今回の旅行はデモのせいで、行くかどうかずっと迷ったせいもあってか、かなり手抜き。
そのせいもあってカイロ行きの飛行機の時間を1時間近く勘違いし、空港に大幅に早く行ってしまいました。まぁ1時間遅いよりいいけどね。
空港ではまず荷物のセキュリティチェックを受けてからカウンターへ。それから出国。イミグレ前にチェックがあって、チケットを見せると、早すぎると。出発時刻の1:30前にならないと入れてくれません。お店もないし、1時間ほど椅子に座ってPCで時間つぶし。
a0126729_21291396.jpg
ドバイ同様アブダビにもいたラクダ。
ようやくイミグレを通過し、何か食べようかと。
a0126729_21441894.jpg
円形状になっていて、そこにファストフードのお店やお土産のお店が壁面にグルッとあります。
ゲート前でまたセキュリティチェックがあり、なかなか列が進みません。韓国の学生らしき団体がいて、かなり混雑してます。
飛行機へはバスに乗るよう。バスに乗る前に搭乗券を見せて、係の人がバーコードを読み取ったら、舌打ちされました。キーボードを打ち込んで何やらしています。別のレーンにいた夫は「アップグレードしてくれるらしい」と興奮気味。私の係の人は面倒くさそうにシートナンバーを手書きで書き換えてチケットを渡してくれました。だからって舌打ちするか~?バスに乗り込んで、出発を待っていると、「こっちに乗れ」と係の方が別のバスを指さしました。ビジネス組はバスも違うようで、座席があるゆったりタイプ。
飛行機に乗り込むと、アップグレードしてくれた上に、1列目だったので、かなりゆったりしています。とはいえ、AM12:45発なので、寝るだけなんですよね~。食事もいらないってお断りしたし。
ユナイテッドなどのおしゃべり大好きCAと違って、エティハドのCAはよく働く。おかげでバタバタ、ミシミシ動き回るもんだから、気になってウトウトしては目が覚めるの繰り返し。でもカイロまで4時間ほどのフライトなので、ウトウトしながらもあっという間に到着。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-16 21:41 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
前回のフェラーリワールドの続きです。

a0126729_18757.jpg
Viaggio in Italiaイタリアの街のジオラマをまわるというアトラクション。ここが一番人気で、かなりの行列をいつも作っていました。

a0126729_1162523.jpg
ここの目玉、最速のジェットコースター。私はこんなのとても乗れません。
a0126729_1134415.jpg
 

a0126729_1213565.jpg
もちろん歴代のフェラーリが展示している部屋も。

「Driving with the Champion」っていうアトラクションが私は一番お気に入りでした。椅子が動いて、フェラーリに乗っている感覚が味わえるっていう、ディズニーの「スターツアーズ」みたいなアトラクションです。
「Speed of magic」っていうのも4Dなんですけど、臨場感があって楽しかったです。
ディズニーの「ソアリン」にそっくりなイタリアを旅するというのもありました。高さが低すぎるし、椅子が固定されたまんまってかんじで、飛んでいる感覚ゼロなのが残念。
あとフェラーリに関するクイズを出題し、一番早く回答すると、ステージに上げてもらえるというゲームもありました。スクリーンに問題と答えの選択肢が出るんですけど、読むだけで必死。その上、フェラーリのことなんて全く知らないのに、4問中3問も当てました。もちろん時間がかかって、選ばれるなんてことはありませんでしたけどね。

サーブしてくれるイタリアレストランもあります。
a0126729_124235.jpg
なんのリサーチもしていないので、行きたいお店もないし、数時間後にはエジプトに向かうので、ここで食事してしまおうってことに。
定番のピザとスパゲッティを。ピザは一番好きなマルゲリータ。正直おいしいとは・・・。トマトソースがおいしくないのよね。
それにアルデンテってどうにも苦手なんです。もう少し茹でて欲しいんだな。
なので少々お高めの割には満足できず(1皿1500円くらいだったかな?)。適当に入った私が悪い?
もちろんショップもあります。Tシャツでさえ5500円くらいで、夫はジャンパーが気に入ったようでしたが、2万円ほどしたので、さようなら~。

フェラーリは興味ないというか、関係ない世界と言いますか、正直ここに行くことさえ迷っていたくらいなので、2時間くらいで帰るつもりだったけど、気づいたら6:30もいました。こんなに遊べる場所とは。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-13 01:28 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)
次の日はフェラーリワールドへ。アブダビと言えばやっぱりここでしょ?
20以上のアトラクションが屋内にあって、世界一早いジェットコースターが有名ですよね。
入場料がかなりお高くて225ディルハム。日本円にして約5000円。
 
a0126729_8253989.jpg
上から見るとこんな屋根になっているようです。
a0126729_9162955.jpg
少し先にこんなウォーターワールドっぽい施設も建築中。

a0126729_8415774.jpg

a0126729_8325928.jpg

a0126729_83692.jpg
いきなりこんな車が展示されています。もちろん触ったりはダメ。
a0126729_853535.jpg
子供しか乗れないゴーカートがあったり。実は乗りたかったりして。

a0126729_8583614.jpg
これシュミレーターっていうのかな?実際に運転しているみたいなかんじ?入場料以外に85AED(約2000円)出さなきゃいけないんですけどね。
a0126729_96249.jpg
車種も2種類。

a0126729_913189.jpg
同じコーナーにゲーム機もありました。これとセットで2000円なので、単独はなし。

a0126729_9233172.jpg

a0126729_9293411.jpg
 フェラーリと全然関係ないこんなショーもありました。
a0126729_9332628.jpg
最後になんの脈絡もなくフェラーリ登場。
a0126729_9413139.jpg
ショーが終わると、フェラーリの横で写真を撮ることが出来たりします。

次回に続きます。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-12 09:42 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)

朝食バフェ

朝食は宿泊したジュメイラ アット エティハド ホテルのレストランでバフェを。

a0126729_21425578.jpg
テラス席もありました。

a0126729_21484244.jpg
プライベートビーチがよく見えます。
この日は寒かったので、私は中のテーブルをチョイスしたけど、テラスで食べている人も結構いました。
a0126729_2151799.jpg

a0126729_21531378.jpg
中東と言えばやっぱりこれ。ヒヨコ豆なんかをペースト状にした物。フムスという名称で、去年初めて見たときは、これをどうやって食べるのかわからなかったんですよね。単独で食べるのか、ドレッシングみたいにサラダにかけたりするのか。周りの人を観察してわかったんですけど、パンにつけるのが基本みたいです。ヒヨコ豆だけでなく、レモン汁とか、胡麻、オリーブオイルで味付けしているし。それでもシンプルなあっさりした味かと。
左のはムハンマラという唐辛子のペースト。
他にもムタバルという皮をむいた焼きナスのペーストもあって、この類ってたくさんの種類があるんですね。
料理の種類はこんなものかな~ってかんじ。とくに目新しい物はなし。
好みの卵を焼いてくれるシェフももちろんいて、オムレツをお願いしましたが、夫は堅焼きが好きなので、卵焼きのようなオムレツが運ばれてきました。私のはふわふわにしてくれ~。
[PR]
by heathy1979 | 2013-05-09 21:57 | アブダビ・カイロ・ドバイ'13.1 | Comments(0)

ストレスのない生活、非現実を求めた旅日記です。不定期更新ですので、本館の「至福のスキンケア」にも下のマイリンクからどうぞ


by heathy1979