ドバイ・プラハ日記 '12.3 プラハ観光へ

着いた日は夜から雨で、次の日も降りそうで降らないって天気。
昨日はかなり降っていたけど、傘を差していない人が多数いて、ヨーロッパに来たな~ってかんじですよね。
昨日行けなかった予定をいくらか取り戻すべく、まず行ったのが(通った)火薬塔。
a0126729_956367.jpg
17世紀に火薬倉庫として使われ、ここからプラハ城まで「王の道」と呼ばれて、その起点だそうです。
この上に上がれるんですけど、私達は上がらず。

この地域は旧市街と呼ばれる地区で、そのど真ん中は広場になっています。
a0126729_9591840.jpg
こういう広場って日本にはないよね~。それとも私が知らないだけですかね?

a0126729_104929.jpg
まず象徴的にあるのがヤン・フス像。宗教改革で有名な方で、自由の象徴です。
右側に写っている2塔のとっても素敵な建物はティーン教会。ここも入りたかったんですけど、私達が行ったときはまだ開いていなくて入れませんでした。

とにかく人が多く集まるのが、旧市庁舎の天文時計。
a0126729_10103375.jpg
毎正午に12使徒の像が現れ(上の3つの小窓)、時計脇の彫像が動き出し、死に神が鐘を鳴らすそうです。
a0126729_10111915.jpg
15分くらい前からすごい人だかりなので、夜なら人も少ないかな~っと思って、9時頃行ってみたけど全く変わらずすごい人でした。
正直思っていたよりは地味。
でも終わると毎回(実は3回見た)拍手喝采。

広場には騎馬警官も。
a0126729_10114250.jpg
こういう観光スポットには結構警官が立ってくれているので安心です。
[PR]
by heathy1979 | 2012-06-26 20:40 | ドバイ・プラハ '12.3 | Comments(0)

ストレスのない生活、非現実を求めた旅日記です。不定期更新ですので、本館の「至福のスキンケア」にも下のマイリンクからどうぞ


by heathy1979