タグ:ロケ地めぐり ( 4 ) タグの人気記事

ドバイ・プラハ日記 '12.3 「プラハの恋人」ロケ地めぐり その2

韓国ドラマ「プラハの恋人」のロケ地巡りの続きです。


a0126729_9523482.jpg
マラソン大会に使われたヴァーツラフ広場。
ここに博物館があり、このドラマ以外にも「ミッションインポッシビル」でも使われました。
この博物館も入り口が地味で分かりづらく、ウロウロしていたらなんと修復中で入れませんでした。それも5年間。
a0126729_9541765.jpg
ヨーロッパって何年もかけて修復中とか、美術館の絵が海外に貸し出し中なんてことが多々あったりするので、せっかく見に行ったのにがっかりです。

a0126729_1004328.jpg
お土産物屋で2人が買った「Praha for lovers」のTシャツ。
サンヒョンがじっと見ていて、「おみやげ?」ってジェヒが尋ねてましたよね。
このお店だと思うんだけどな・・・。

ジェヒがサンヒョンを連れて行く高級ホテル。
ここも入り口が地味だし、5ツ星だけにドアマンが立っていてなんか入りづらい。
a0126729_1023480.jpg
結構狭いロビーでした。
レセプションの位置がドラマと違っていました。
a0126729_1025844.jpg
ヘジュがここでピアノを弾いていましたよね。
ドラマでは白いグランドピアノだったけど、黒いピアノに変わっていました。
宿泊客の奥さんがここに座ってピアノを弾き、ご主人がそれをずっと写真に撮っていて、なかなかどいてくれず、かなり待ちました(笑)。

a0126729_104489.jpg
大統領の娘としてインタビューを受けたり、サンヒョンと食事したレストラン。それ以外にもヘジュがサンヒョンンに電話で別れを告げたりとかとてもよく使われていました。
オープン時間がわからなかったんですけど、レストランだし11時くらいからオープンしているだろうと思って行ったら甘かった・・・。開店準備中。
それでもめげずに聞いてみたら、テラス席で飲み物だけならいいよと言われました。
中にも入りたかったけど、テラスでお茶することに。
でもトイレを理由に中に入らせてもらったら、外観に比べてとても狭いお店でした。
テーブルを端に寄せて掃除中ゆえ、とても写真を撮る雰囲気ではなく諦めました。
a0126729_105096.jpg
眺めがよくて、風が気持ちいい。
a0126729_9141139.jpg
ドラマの1シーン。下の写真と微妙にアングルがずれてますね。
a0126729_1051611.jpg
しかしあらためて撮った写真を見たらろくなのがない・・・。本当腕が良すぎて困ります。
[PR]
by heathy1979 | 2012-07-22 10:16 | ドバイ・プラハ '12.3 | Comments(2)

ドバイ・プラハ日記 '12.3 「プラハの恋人」ロケ地めぐり

私の大好きな韓国ドラマ「プラハの恋人」。
最近ロケ地巡りに余念のない私ですが(笑)、プラハに来たら行くしかないでしょ?
まずは願いの壁。
プラハに行ったことない人はみんな騙されたのでは?
私もそんな壁はないと知って、どれだけショックだったか・・・。

a0126729_21572052.jpg
このヤン・フス像をベニヤ板で囲んで願いの壁を作ったなんてね。
a0126729_21574061.jpg
夜はライトアップされます。

a0126729_21594323.jpg
ジェヒとサンヒョンが出会った場所。
ヘジュがサンヒョンに教えた住所がこのホテル。
ジェヒがホテルの中で食事していて、サンヒョンがじっと見てましたよね。
a0126729_2202797.jpg

しかし行った季節が悪かった。寒いのでテラス席がガラスで囲まれていて、なんか雰囲気が違って見える・・・。
このホテルにジェヒが赤いオープンカーで乗り付つけますよね。
a0126729_221458.jpg
この車は観光用で、客待ちでこの辺りに何台か止まっていました。

a0126729_2241172.jpg
ジェヒの家。
7年経っていますが、変わらず健在でした。
高台になっているので眺めのいいところでした。

a0126729_2235370.jpg
ジェヒが勤めていた韓国大使館。

ジェヒ行きつけの韓国レストラン。
a0126729_22225218.jpg
ドラマとは内装が違ってます。ドラマは韓国のものがいっぱい飾ってあったけど、私が行ったときは全くなく、全然韓国レストランっぽくないし。ドラマのために飾ったのかな?
店員さんも白人の男性のみ。厨房にオモニがいるのかな?
a0126729_22231285.jpg
唯一壁にこの写真が飾ってありました。

次回に続く
[PR]
by heathy1979 | 2012-07-19 22:28 | ドバイ・プラハ '12.3 | Comments(0)

ラスベガス・シアトル日記'11.4 ヒースの足跡2

二日目もまずは映画のロケ地巡りの続きから。
ガスワークパークスという公園があって、ここでペイントボールをヒースがするんですよ。
a0126729_17244244.jpg
アングルが違うけど、映画ではこんなかんじ。
a0126729_17152846.jpg
ペイントボールはもちろんセットですけどね。
ガス製造所の跡地なんですって。ガスプラントは落書きだらけでしたけどね。

朝早かったせいもあって、殆ど人もおらず犬の散歩がチラホラ。
独立記念日にはイベントが行われるらしいです。花火をここで見たらキレイだろうな~。
a0126729_17265766.jpg
レイクユニオンが一望出来るし、映画ではこの湖でボートをパドリングするシーンがあったしね。
a0126729_17182656.jpg
映画ではこんなかんじ。10年でビルがかなり増えたのが分かりますね。

a0126729_16431817.jpg
湖前にベンチが2つ。欧米ってベンチを寄付する人が多くて、必ずメッセージが書いてありますよね。
a0126729_16435441.jpg
こういうのってなんかいいですよね・・・。残念ながらベンチも落書きだらけだけど。

a0126729_16441749.jpg
とってもすがすがしい場所で、ピクニックに最適かも。
a0126729_1644434.jpg
遠くにはスペースニードルが見えるし。

あとは彼が行きつけのバー。映画ではバイカーの人達が集まるバー。
a0126729_17492121.jpg
映画のシーンではこんなかんじ。
実際にHPでもそんなかんじのお店。ちょっと入るには勇気がいるな~なんて思っていたら、お店は残念ながら閉店していました。
a0126729_1728537.jpg
店名がはずされていて、「ここだよね?」っと住所と外観を何度も確認。やっぱりここだよ・・・。閉店していたなんて残念。
帰ってHPを確認したらまだ健在だった・・・。

余談ですがこの映画で妹のビアンカが着ているTシャツがなんとも笑えます。
a0126729_17225751.jpg


ロケ地巡りはこんなかんじで終了。
[PR]
by heathy1979 | 2011-05-21 17:54 | ラスベガス・シアトル '11.4 | Comments(0)

ラスベガス・シアトル日記'11.4 ヒースの足跡

空港から真っ先に向かったのは、私の大好きなヒース・レジャーの映画ロケ地。
そう言えばこっちのブログに書きましたっけ?私の「heathy」はヒースレジャーの「Heath」から頂いたものです。
彼がハリウッドデビューした映画「10 things I hate about you」に使われた高校が実際にシアトルにあるんですよね。
a0126729_20381280.jpg

ここに一度行ってみたいと思っていたんだけど、まさか本当に行けることになるとは。
ちょっと迷いましたが、到着した学校はお城のよう。こんな素敵な校舎、ヒースがロケした学校で学べるなんて君たちは幸せだよ・・・。
a0126729_20411226.jpg

映画のエンディングで学校の屋根に上がってCheap Trickの「I Want You To Want Me」を Letters to cleoがカバーして歌っていて、この歌もアングルも大好きで、校舎の屋根もしばらくボ~っと見ていました。
a0126729_17341986.jpg
映画ではこんなかんじ。写真はDVDから拝借。
この映画に使われている曲はたくさんお気に入りがあって、他にもLetters to Cleoがカバーで歌っている「Cruel to be Kind」とか「Come on」も大好き。私ってやっぱり'70年代'80年代の音楽に生きてるよな~。
a0126729_17311993.jpg
学校周辺の街灯までおしゃれ。
a0126729_17325612.jpg

そしてお隣にはスタジアム。ここの観客席は「Can't Take My Eyes Off You」を彼が踊りながら熱唱した場所。
a0126729_17325857.jpg
こちらもDVDから拝借。
こんなことヒースにされたら絶対惚れちゃうでしょっ。
このスタジアムを見ながら「彼はここで息づいていたんだな・・・」って。今となっては彼の足跡をたどることしかできないのが本当悔しい・・・。

なんかロケ地巡りしてヒースにどっぷり引き戻されたせいか、GWのせいか、彼のこのDVDを見直したりして、いつものようにすぐ現実に戻れず、いつまでも旅行を引きずる日々です。おかげで家事も殆ど放棄。これじゃいけないと反省しつつ、とりあえずいまだに続く時差ボケと戦う日々です。
[PR]
by heathy1979 | 2011-05-10 20:46 | ラスベガス・シアトル '11.4 | Comments(0)