バリ島旅行記 その五

次はウブドの「ヴァイスロイ」へ移動。ここもまだ出来て1年くらいのヴィラで、お値段的にはかなり高級です。
海外旅行のネタ探しによく訪れるサイトに載ってたんですよ。「こじんまりとした感じを求めている方には、是非おすすめしたいヴィラです。まだ、日本の雑誌には紹介されていないはず。」って。ここに決めた要因にかなりなったコメントなんですが、フタをあけると、宿泊客は日本人が殆どとか。私達が宿泊したときは、ビジターの人しか、出会わなかったけどね。
ウブドは緑豊かな内陸。スミニャックやクタとかに比べると田舎になるのかな?車で1時間くらい。門からエントランスまでかなりの距離あり。エントランスの手前にはウワサのヘリポートが。車1台ちょっとの道幅を挟んで、駐車場があるし、樹木は一杯植えてあるし、本当にヘリが来たら、エライことになると思うんですけど。
a0126729_14505162.jpg

渓谷をけずったところなので、アップダウンがかなりあるんですよ。とても自分たちでスーツケースなんて運べません。もちろん、カートで運んで下さいますが。私達が泊まったのはテラスヴィラ。他にガーデンヴィラ、ヴァイスリーガルヴィラ、ヴァイスロイヴィラの計4タイプ。1階がガーデンヴィラ2階がテラスヴィラになってて、日本でいうテラスハウスみたいなかんじです。
今回はツインにしてもらいました。10年も過ぎると、同じベッドは疲れるのよね。しかしこの部屋一切仕切りがなし。お風呂入っている姿も、洗面も丸見え。別に夫婦だからいいけど、ちょっとはプライバシーってもんが。友達と二人なら躊躇するかも・・・。その分、広々してますが。
a0126729_14514341.jpg

テラスは渓谷がパノラマ状に広がっいて、前日まで泊まっていたヴィラとはエライ違い。前のは壁に囲まれて、庭の樹木しか風景がなかったから、今から思えばすごい閉塞感ですね。とにかく気持ちよさと来たらこの上なし。日差しも恐れず、テラスでのんびりしちゃいました。a0126729_14523865.jpg

この日は行き当たりばったりで、レゴンダンスとバロンダンスを見に宮殿へ。ケチャッダンスの時のように雨が降らないことだけを祈るのみ。早く行ったので、運良く一番前で見ることが出来ました。ケチャッは素人のバイト君ってかんじがいなめなかったけど、こちらはプロのダンスでとてもよかったです。ストーリーもわかりやすかったし。ダンスが終わったら、私達よりも先に衣装も着替えず、化粧も落とさず歩きやバイクで帰っていくダンサーにはちょっと驚いたけど。a0126729_14531823.jpgしかしこの日ヴィラ内のレストランでは満月の日に行われる特別なダンスがあったんですよ。後から知ったんですけど。次の日にレストランで食事をするとレセプションで予約したんですが、その時に「今日ならダンスがありますよ」っとか一言教えてくれてもいいんじゃない?
まぁそれ以外は至れり尽くせり?外出から帰ってきたら、ダーッとお出迎えに来てくれて、部屋までカートに乗るように言ってくれるんですが、「荷物ないし、いいです」っといつも丁重にお断りしてましたが。あと部屋を空けるたびに、部屋に来ているらしくチョコレートが置いてあったり、花が置いてあったり、ちょこちょこ変化しておりました。などなど・・・。
ヴァイスロイ ネタが尽きないなので、次回へ続きます。
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-11 14:48 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島旅行記 その六

ヴァイスロイ2日目はホテル内の「ルンバスパ」でエステを受けました。朝早かったせいか、私達だけで貸し切り状態。写真のようにとっても開放的なスパなんですよ。天気もとってもよかったので見晴らしも最高。
a0126729_1501964.jpg
夫はルンバスペシャルってメニュー。天然シーソルトを用い全身スクラブを行い、その後海藻ボディーマスクを全身に塗り、ラップ、サロンにて全身を包み込み、お肌の奥まで吸収させてゆきます。その後フレンチマッサージ。そしてスチームルーム、ジャクジー風呂。スチームとジャグジーは私と一緒に。
私が受けたのはトラディショナル・へアークリームバスと ルンバ・スキン クレンジング フェイシャル。まずクリームバスから。写真右側の小さい屋根の部屋で施術してもらったので、絶景この上なし。最初髪にシャワーをあてる手つきがどこかぎこちなくて、「この人、大丈夫?」なんて思いましたが、始まってみると頭皮マッサージはツボを心得ているというか、肩や首、手もマッサージしてくれて、気持ちの良いことったら。「プラナスパ」なんて話にならないくらいの技術です。値段は一緒なのにね。スチームはなぜかあびなくて、ホットタオルで髪を包み込むだけ。違いはどうなんでしょうね?
次にフェイシャル。クレンジングの後、スチームを浴びながら(こっちはしっかりナノです(笑))スクラブをし、その後マッサージ。マッサージ終了後、マスク。そして最後にローションで終了。これこそトラディショナルというか、ごく普通でした。定価はUS$60ですが宿泊者は40%引。マスク中は久々にほったらかしです。手足のマッサージとかちょっとして欲しかったけど。その後、夫とスチームルームに入ってジャグジー。スチームの後はクールバス(要するに水風呂)に入れますが、私達はパスしました。ジャグジー中、ジュースが頂けます。よく覚えていませんが、リラックスするジュース、デトックスのジュースなど確か5種類ほど。私はリラックスを頂きました。アップル、ミントにあとなんだっけ?いい加減です。忘れました。ジャグジー風呂は写真の真下にあるので、せり出した半屋外ってかんじで、とっても気持ちいいんですよ。特にこの日は天気がよかったし。スパって施術技術ももちろん重要ですが、雰囲気というかゴージャスさっていうのも旅行先では私の場合重要。ここは充分堪能できましたね。でももし宿泊していなかったら、わざわざ行ってないと思うけどね。わざわざ行くなら私は「キラーナスパ」に行ってみたい・・・。
余談 今回、この短期間で2度もクリームバスを受けましたが、やっぱり控えるべきでした。パーマをかけているんですが、まだ1ヶ月しかたっていないのに、この後かなりとれてきちゃったんですよ。パーマにはダメージあるみたいですね。
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-07 14:58 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島旅行記 その七

写真上段はヴィラ内のレストラン「カスケード」。本格的フレンチです。
a0126729_14555058.jpg
ここは3階にあたるのかな?1卓のみ渓谷を見渡す”バンカー”と呼ばれる特別シートがあるんですよ。(写真上段、左)もちろん他の席からも渓谷は見られますが、1段上になっているステージっぽいところに1卓だけテーブルがあって、なんか特別席っぽいんですが、「あそこのテーブルでもいい?」って聞いたら、「どうぞ」とのこと。(予約しなければいけないような席とは全く知らなかったし)とても眺めはいいけど、他の席より虫がすごい。シャンパングラスに虫が入ってしまい、溺れてましたから。きっと酔っぱらってるんじゃない?レストランの脇がメインプール。レストランから丸見えなので、見られてる感がかなりあるかも。私達が宿泊している間は、泳いでいる人を一度も見ず。
a0126729_1457313.jpg
私達のヴィラからヴァイスロイヴィラのガゼボや庭が少し見えるんですよ。直で予約すれば、2000ドルのお部屋。誰も宿泊している様子はなかったので、ちょっと興味津々でお願いしてみると、あっさりお部屋を見せてくれました。2ベッドルームでベッドルームとベッドルームの間にリビングがあって(上段左)、ベッドルームにはそれぞれバスルームが付いてるから4人グループだとシェアできていいかも。シティホテルでいうスィートルームのようにとっても豪華な部屋を想像していたのに、部屋自体は大して私達が宿泊したテラスヴィラと変わりがなかったので少々がっかり。頑張って仕事してこんな部屋に泊まりたいと思えるほどでは正直ないかもね。プールや庭はとっても広いんですが。
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-07 14:54 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島旅行記 その八

a0126729_152741.jpg
しつこくバリネタ続きます。

先日発売の「美的」に載ってましたね~。そうバリ島特集でございます。なぜこの時期に?って気もしますが・・・。私が泊まったヴァイスロイも、そしてヴィラアイルバリまで。でもやっぱりブルガリは別格ってかんじですかね。泊まってみたいよな~。それ以外にも現実的に(ブルガリはやっぱり金銭的に無理だからね)泊まってみたいヴィラがいくつかあるし、エステも他のお店でいろいろ受けてみたいし、またいつか行きたいな~。
a0126729_1531116.jpg
スパの後は部屋のプールでひと泳ぎ。ここのガゼボは眺望が最高です昼寝までしちゃいました。しかし調子に乗ってました。気が付いたらしっかり日焼けの後が・・・。日焼け止め塗るの忘れてたんです・・・。
帰ってからエステに行って、「あれ?日焼けしてますね。ダメですよ~」って言われちゃいましたから。
夜は部屋の明かりと連動して、ライトアップもされるんですよ。a0126729_1545861.jpg

その後ホテルのレストランでハイティーを頂きました。ちょうどお昼過ぎだったので、軽い昼食のつもりで。(すっかり写真撮るの忘れました)スモークサーモン、きゅうり&ハム、チーズの3切れのサンドイッチと丸くて可愛らしいミニケーキ、プレーン、チョコレート、プルーンの3種。そしてピサンゴレン(バナナの揚げ物)が2個。そこそこお腹一杯になりました。
それから「モンキーフォレスト」へ観光。身も蓋もない言い方をすれば、猿の放し飼いです。大阪で有名な箕面の猿のように凶暴じゃないし、ずっとおとなしいかも。入り口でパナナを売ってるんですが、ここの猿は飽食の時代ですね。あげても食べない猿が結構います。ランブータンを奥の方で売っていたので、私達はそれを買って、あげようとしたんですが、買ったそばから猿が飛びついてくるんですよ。1コあげてもずーっと付いてくる猿続出。勿体つけると、すぐ飛びかかってきてかなり恐怖です。ランブータンをあげる人は少ないんでしょうね。これとっても甘くておいしいもんね。私も大好きだし。
a0126729_1565815.jpgその後は辺りをブラブラとウィンドウショッピング。スミニャックは私はなんか入りづらい店ばっかりだったんだけど、ここはとってもオープン。その分、呼び込みがすごいけど。雑貨や絵、木彫りなどが殆どで洋服とかは殆どなし。あってもちょっと粗悪っぽい。やはりスタイリッシュなスミニャック(ガイドブックにいつもそう書いてあるんだもん(笑))とはずいぶん違うようです。ランチョンマットが欲しかったので、買ったのはそれのみ。1枚5万ルピアと最初言われたんだけど、相場がわかんないのよね。とりあえず高い気がしたので、3枚で9万ルピアで購入しました。それでもボッタクられてるのかな~?
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-03 15:00 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島旅行記 その九

このヴァイスロイ、2泊しかしませんでしたが、トータル的にはとっても素敵なヴィラでした。しいて難をあげれば、隣とのヴィラが壁一枚なので、お互いテラスに出ていると、声がよく聞こえるんですよね。
a0126729_15111996.jpg
扉が左右に2つあるのわかります?1つは私達のヴィラへの入り口。もう1つはお隣さんの入り口。なので壁一枚でお隣ってわけです。入り口の扉を開けると、わりと急な5,6段の階段を下りて、正面がプール。右がベッドルームです。
それと真上にあるルンバスパのせり出したジャグジー風呂で騒ぐ日本人の声がよく聞こえたこと。これだけ広いんだから、もう少し点在させて欲しかったなぁ。あとはスタッフ。とても親切なんですけど、前に泊まったヴィラに比べると応対がどうもシティホテルっぽい。フレンドリーさがないんですよね。高級なヴィラだからでしょうかね?ちょっと一長一短かも。

なんか最近はテロのせいで、日本人の旅行者がどんどん減っていて、変わりに韓国人や台湾人が増えているんですって。でも歩いていて会うのは、殆ど日本人。韓国人なんてあんまり見かけなかったんだけどな~。
今回バリ島に行って感じたことなんですが、他の旅行地では日本人ということでイヤな思いをしたことっていくつかあるんだけど、ここはそんな差別がないし、みんなどこかはにかんでいて対応が気持ちいいんですよね。けなげというか・・・。かなり長い時間接した現地の青年が2人ほどいたんですが、2人ともお金が欲しい、車が欲しい、携帯が欲しいっと日本人の私達をとてもうらやましがってたのが印象的でした。車や携帯を持っているからって私達が幸せとは限らないんだけどな~。手に入れたら、入れたでまた違った苦労があるんだからと内心思ってたんですけどね。

何にもしない休日を過ごすつもりで、バリ島を選んだんだけど、結局時間に追われてました。部屋で朝食を取るとなると時間を決めなければならないので、自由な時間に行けるレストランに行ったのに、それでも追われてます。バカンスをもっと楽しむことを覚えないとね。
帰ってからツアーパンフやガイドブックを改めて見たんですけど、どのヴィラの部屋も造り的には大体似たり寄ったりですよね。環境、広さ、サービスの違いだけのような。私はかまわれるのは、正直苦手。バトラーがヴィラごとにつくような(もちろん金銭的に泊まれないと思うけど)所はパスですね。「ほっといて」ってかんじ。今回2つ泊まってみて土地的には絶対ウブドが気に入りました。もし次回行くことがあれば、ウブドでヴィラが点在していて、少~しだけフレンドリーなスタッフがいるヴィラを探したいなと思ってます。
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-01 15:04 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島旅行記 その十

DFSのギャラリアがバリにもあるんだけど、コスメに関してはどうも安いと思えなくて、私はいつも買ったことがないので、今回も立ち寄りませんでした。もちろん街にコスメカウンターがあるわけもなく、なんと関空の免税で購入したのみ!
a0126729_15124952.jpg

イヴ・サンローランのアンスタンピュール バイオアクションエクスフォリエーター。角質除去ものです。
そして発売前から狙っていたエリザベス・アーデンのセラマイド プランプ パーフェクト ファーミング フェイシャルマスク。アルジルリン配合のシート状マスクです。2種の酵母抽出エキスがコラーゲンの働きをサポートし、ハリを取り戻し、シワや小ジワの目立たないふっくら柔らかな肌に導いてくれるんですって。最近はマスクでもリフトアップやシワに効くなんていう物が出来てきて、マスクフェチとしては嬉しい限り。
そしてもう1つはいつものソニアのラトゥです。
毎度のようにまだ試していないので、使ったらレポします。マスクはすぐに試してみたいし。

バリで買ったのは石けん3つ(それもスーパーで)とランチョンマットのみ。石けんはココナッツソープで、ヨーグルトwithバニラ、ヨーグルトwithミント、ヨーグルトwithオレンジの3種。ヴィラアイルバリにも手作りのホテルメイドの石けんがあって販売もしてました。とっても香りはいいんだけど、きっとお高いと思ったので購入せず。
a0126729_15131756.jpg

この石けんはバリデリというちょっと高級めのスーパーで買ったので、お高めの17000ルピア。200円くらいかな?
違うスーパーでクリームバスも買おうと思ったんだけど、どうも売れてないらしく、かなりの汚れが。散々悩んでパスしました。値段は確か130円くらい。WELLAで240円くらい。そんな値段で悩むかってかんじですが、1万ルピアとか書かれると、=1万円くらいに思えて、かなり購買威力が低下(1万ルピアは120円くらいです)。私にはとてもよかったかも。a0126729_151355100.jpg
飲み物買うときでさえ、1万ルピアだと「高っ!」って思って、「7000ルピアぐらいの、ないかな~?」っとスーパーさまよってましたから(バリでもスーパーでは主婦魂が)。ちなみに先ほどネットで見たら、クリームバスが(全く同じ物)1桁違う1890円で売られていました。やっぱり買えば良かったかな~。

ようやくきょうでバリ島旅行記、終了です。読み返してみると、今月はバリのこと以外、一切書いていなかったですね・・・。もう飽き飽きしてました?
[PR]
# by heathy1979 | 2007-01-01 15:00 | バリ島 '06.12-'07.1(13) | Comments(0)

バリ島での~んびり

たまたま読んでいた雑誌に載ってたんですよ。
ブルガリリゾート バリ。あのブルガリのリゾートホテルです。ミラノにあるのはオープン当初とても話題になっていたので知ってたんですけど、9月だか10月にバリにもオープンしたんですって。
地下鉄使って、あちこちキョロキョロ動き回るのが大好き。ホテルやビーチでのんびり過ごしたかったら、別に海外まで行かなくてもいいじゃん。って考え方で海外旅行先を今までは選んでました。
a0126729_15225662.jpg

でもこの記事見て、いきたい!メチャメチャ行きたい。私もそろそろ年取った証拠??
これからはヴィラですよ!(笑)ストレスも吹き飛んで、心安らぐ空間ってかんじ。こんなところで、心ゆくまでエステ受けて、な~んにもしない1日をのんびり出来たら最高かも。
全ての部屋にプール、テラスがあって、プライベートビーチまであるんですって。
問題はお値段。時期にもよると思いますが、1ベッドルームの部屋で、US$1100~14000くらい。2ベッドルームで$1750から2000。庶民にはかなり痛いお値段。まぁブルガリでなければいけないというわけではないし、もう少しお安いヴィラを本気で探してみようかしら・・・って私、行く気?
[PR]
# by heathy1979 | 2006-11-12 15:22 | Comments(0)

ソウル日記 その壱

「1人でも行ってやる・・・」っと思っていたソウル行き。ある日仕事から帰った夫がいきなり「行ってもいいよ」っと。なぜ心変わりしたのか、理由はわかりませんが。
私の職場はとにかく11月中旬から3月までメチャクチャ忙しいので、行くとなったら9月10月しかないけど、夫の仕事上、連休を模索。もう殆ど日がなかったので、マイレージの特典空席があるわけもなく。仕方なく旅行社をあさるもかなりの高値。やっぱり無理かな~っと諦めモードで某社にTELしたところ、ネットには載っていない破格の安さを提示するじゃないですか!?一旦電話を切って、いろいろ段取りを済ませて、2時間後再びTELしたら、もうないとの冷たい一言。泣きそうになりながら、キャンセル待ちとか~って食い下がったら、「あっ!ありました」って舐めてんのか!航空券が取れないことには話にならないからね。
その後ホテルも取れたので、安心したのもつかの間。この時期は旧盆じゃないですか!?閉まってるお店も多いだろうし、やっぱり日程を変更すべきか、また右往左往し始めていたら、夫に「バタバタするな!この日程で行く!」っと一喝されてしまいました。チェッ。(買い物もきっと思うようにできたし、日程も安い時期に行けたし、1人で行きたかったかも・・・。)

大阪からは1時間半もあれば、ソウルに行けちゃうので、本当あっと言う間に到着です。近いっていいですよね。
まずは多娜嫺(ダナハン)のコスメ。もう大騒ぎですよ。売っているお店をはっきり下調べ出来なかったので、現地の女性2人に聞いたところ、お二人とも「安い化粧品なので、デパートにはない。明洞にある化粧品店なら大抵ある」とのこと。
Beauty Creditってお店がソマン化粧品のお店なので、ダナハンももしかしたら置いてあるかも?って気軽に考えていたんだけど、事前に場所をはっきり特定できなくて、行けばなんとかなるかと思いきや全く見つからない。現地の方に店の場所を教えてもらったんだけど、それでもたどり着けないし。だんだん夫の顔色が変わってきたので、とりあえず行き当たりばったりで入ったお店には「ダナハン 秀」しかないんですよ。次のお店も「秀」のみ。定員さんに「秀ではなく、ただのダナハンが欲しい」と聞いてみたところ、理解度50%くらい?日本語がそれほど堪能ではないようです。「そんなのはない、全く一緒(秀とダナハンが)」というお答え。よく知りもしないのに一緒といい加減に答えられてもね・・・。(秀とダナハンは一緒じゃないっていうの!もう、店員さんたのむよ!)「秀」とただの「ダナハン」の違いはと言うと30種類の韓方成分は同じなんですが、「秀」は海洋深層水を使っているみたいなんです。次のお店でも「??」ってかんじ、そして次のお店で「きっとインターネットやデパートなど売る場所場所で名称が変わるんでしょう。成分は一緒」と言われる始末。「ダナハンはどこでなら買えるの?」っと聞いてみたら「知らない」。ダナハンってもしかして韓国の人はあんまり買わないのかな?っと諦めモードも入って「秀」のマスクと化粧水を買うことに。あと、ダナハン美白用のマスクも購入。ところが帰って調べてみたら、美白用マスクじゃなかったんですよ。なんと20代用のシリーズ!美白だって言うから買ったのに、最低です。やっぱりダナハンって全然売れてないから、こんなミスするの??
a0126729_15185183.jpg
やはり下調べ不足と夫が一緒だったからにつきる・・・。
しかしダナハン話はつづく・・・。すみません、明日upします。
[PR]
# by heathy1979 | 2006-10-29 15:16 | ソウル '06.10(5) | Comments(0)

ソウル日記 その弐

ある意味妥協して「秀」シリーズを買って、次はロッテ百貨店のアモーレパシフィックへ。
アモーレはどこかとキョロキョロしていたら、私は見つけてしまいましたよ、ダナハンを。
ダレよ!安い化粧品だから、百貨店にはないなんて私に教えておいて、あるじゃないですか。他の化粧品店でこのダナハンをみんな知らなかったことや、商品の説明を聞いたりしたかったけど、売り場のお姉さんは韓国語のみ。日本語は全くダメだし、英語も殆ど無理っぽい。結局何も答えて頂けないまま、マスクと化粧水を買いました。
a0126729_15211685.jpg
韓国ってオマケがすごいですね。ダナハンの美容液を20個、化粧水(多分10ml)と乳液、クリームのパウチ1コとあと「LOTTE」っと書かれた化粧水2本と乳液2本。ロッテのオリジナルブランドなのかな?ハングルなので、全く読めないけど。
「秀」を買った化粧品店でも秀の30ml入りの化粧水と乳液。コットン3箱、化粧水、乳液、UVの入った乳液などをもらいました。
a0126729_15214341.jpg
話は戻りますが、西武にダナハンと共に入った「山心」。高麗人参に弱い私はもし日本で買うよりかなり安ければ欲しいな~っと思って、ダナハンを聞きまくった化粧品店でも尋ねてみたんですが、ダレもそのブランドさえ知らないんです。ある方なんて、日本のために作っているブランドではないかと言われる始末。そんなわけないでしょ。女優のイ・ミスクさんがCMやってんだから。どうしてこう、うまくいかないのかしら。どうしても欲しかった品ではなかったので、これに関してはあきらめました。誰か教えてよ。どこへ行けば買えるの?
その後アモーレパシフィックを購入して(次回upしますね)、夕食後THEFACESHOPでsayakaさんお勧めのシートマスクやスキンフードでも高麗人参ものやローヤルゼリーが入ったシートマスクなどをこまごま買おうと思っていたら、ついに夫がいい加減にしろと爆発寸前。さんざんダナハンで振り回して、その上散財もかなりのものだったし。これをソウルまで来たんだからと強引に押し切ったら、えらいことになるのは、長年の付き合いでわかっているので、泣く泣くあきらめましたよ。ダナハン巡りした化粧品店でもいろんなマスクを売っていて、買おうかなっと思ったんだけど、よくわからないブランドは、ちょっとパスかな?と思ってTHEFACESHOPやスキンフードで買うのを楽しみにしてたのに・・・。韓国ってシートマスクがどこでも1枚売りなんですよ、それも2~300円。夫が爆発したスキンフードの店内ではみなさんカゴにシートマスクを何枚も入れて、楽しそうに迷ってました。クッソ~。やっぱり1人で来るべきだった。
そういうわけでsayakaさん、買えなかったです・・・。
[PR]
# by heathy1979 | 2006-10-26 15:19 | ソウル '06.10(5) | Comments(0)

ソウル日記 その参

今回アモーレパシフィックで買ったのは、
コントゥアーリフトアイクリーム
コントゥアーリフトクリーム
バランシングフルイド(化粧水)
リフレッシングセラム(美容液)
リフレッシングマスクの計5点。
a0126729_15231346.jpg
微妙に日本と韓国では名前が違うみたいなんですよ。クリームも「リフレッシングイドラジェル」が欲しかったのに、BAさんは「??」ってかんじで、「日本と韓国では名称が違うのもあるから」ってことでした。使ったことがないので、テスターで判断も出来なくて・・・。リフレッシングコンプレックスも本場ではリフレッシングセラムだし、今回買っていませんが、モイスチャーパウンドミストも韓国では全然違う名前。
アモーレのBAさんも日本語はごくごく少し、英語もほんの少しってかんじで、なかなか思うように会話が進まなくて、こちらでも残念ながら相談するまでに至りませんでした。やっぱり相談したい場合は、日本に限りますね。
日本ではまだ売っていない商品も、自国化粧品ゆえいくつかありました。シリーズではLIVE BRIGHTという角質除去もの。ピーリング洗顔料は「トリートメントスキンピール」って名称で(韓国ではENZYME PEEL)すでに販売されていますが、もう1種類「CONECENTRATE FLUID」っていうのもあって、計2種。もう1つは「LIVE WHITE」という美白もの。集中美白エッセンスやSPFの入ったクリーム。きっとこれは来年3月くらいに日本でも発売するのでは?買ってみようかな~?って思ったんだけど、思うように会話が成り立たないので、もし効能が微妙に違っていたらと思って、いままでの経験から失敗が恐くて手を出しませんでした。高い品物だけに後悔したくなかったし。
a0126729_15234942.jpg
頂いたサンプルはLIVE WHITE とLIVE BRIGHTのCOLLECTION4点セットと箱に入っているのがモイスチャーバウンドのマスク15g、ピーリング洗顔7g、モイスチャーパウンド バイタライジングセラム3ml、ハイドレイティングフルイド10ml、クレンジングオイル10ml。そしてリフトクリーム15ml。リフトクリームは現品を買ったけど、15mlのおまけはとってもうれしかったです。

その後、ロッテ百貨店の免税フロアへ。殆ど日本人てかんじでかなりの混雑でした。前にも書いたゲランの美白美容液「パーフェクトホワイトC ホワイトニングコンセントレイトトリートメント」を求めて。関空では15300円で、ちょっと勇気が出なくて買わずじまい。不思議に思うんですが、なぜ韓国の免税売り場はUS$なんでしょうか?ウォンをドルに換算して、それから日本円にされるから、すごい損ですよね。そのせいか16000円ちょっと。やめました。他の欧米コスメは今回全く近寄ってないけど、多分関空の方が安そうですね。

帰りの仁川空港で免税の案内板を見ていたら、「AMOREPACIFIC」の文字を発見!オぉ、空港にもあるのね、ちょっと最後にもう一度行ってみようかとお店へ。ないんですよ、あのシルバーのパッケージが。定員さんに「アモーレパシフィックありますよね?」って聞いたところ、「コレ全部ですけど」とある一角を指さされます。「??」「HERA」などの太平洋社のブランドがいくつか。私が変な顔をしているもんだから、日本語の堪能そうな違う定員さんが「ないです」とのこと。残念・・・。国際用の社名は「AMOREPACIFIC」なんですよね?紛らわしいかも。
[PR]
# by heathy1979 | 2006-10-18 19:47 | ソウル '06.10(5) | Comments(0)